大谷です。
今回は、しまなみ海道の生口島でサイクリングをしてきました。




生口島は、しまなみ海道の広島県側から3つ目の島です。
特産物はレモン。
国産のレモンを栽培しているレモン谷が有名です。




そんな生口島を目指して車で出発です。
しまなみ海道は、姫路から車で2時間半と好立地。
しかし、今回は車で直接行くのではなく、フェリーで島に渡ってみようと思います。




と、いう事で、広島県三原市にある須波港に到着。
まだ、しまなみ海道ではありません。




須波港の駐車場に車を停めて、
自転車を組み立てます。




そして、自転車でフェリーに乗り込みまして、




生口島へGO!




往復で大人1,200円くらいです。
(自転車込み)




30分程で、生口島の沢港に到着しました。




今回は生口島を一周します。
あまり大きな島ではないので、一周しても30キロほどです。
ほぼ平坦なので、初心者の方にオススメですよ。




さぁ、サイクリングスタートです。




とりあえず、港の周辺の瀬戸田付近をうろうろします。
(島の北側です。)




生口島に到着したのがお昼前だったので、
お昼ご飯を食べる所を探すべく、キョロキョロしながら走りました。




港の周辺にはお食事処がたくさんありますが、
今回は【しおまち商店街】で食べる事に決定!
サイクリストオアシスという看板に心ひかれました。




商店街の中にある【わか葉】で穴子丼。
この辺りは穴子が有名なのです。
身が厚くてタレとの相性もよく、食べ応えのある穴子ちゃんでした!




刺身定食もおすすめです。
季節に応じた新鮮な魚は絶品でした!

どちらも、とても美味しかったです!
ご馳走さまでした。




ご飯の後は、おやつの調達です。
ローストチキンのお店【玉木商店】
こちら、売り切れしだい終了なので、早めのご購入をオススメします。




ローストチキン2本をリュックにしまい、サイクリングの再開です。




早春の風は暖かく、天気良好で絶好のサイクリング日和です!




軽快に、ぴゅーっと走っていると、





生口橋が見えてきました。
(島の東側です。)




この橋は渡りません。
あっという間に、本日の行程の3分の1を走りました。




景色がとても綺麗なので、いくらでも走れそうな気分です!
(島の南側を走行中。)




しまなみ海道は、この青いラインを目印に走ると道に迷いません。




そんなこんなで、くりくりと走っていると
【多々羅大橋】が見えてきました。
(島の西側です。)




この橋を渡って、次の島の大三島に行こうと思います。




橋の入り口。




橋の所までちょっとだけ登りますよ。




登りの途中にレモン谷の横を通過します。
生口島には傾斜のきつい斜面が多く、日当たりが良好なので、
レモンをはじめとする柑橘類の生産が盛んなのです。




そんなレモンを横目に見ながら、
あっという間に橋の所まで登ってきました。




料金所を通過して、




橋の真ん中で愛媛県に突入!



そして、愛媛県側の大三島に上陸しました。
橋を降りたらすぐの所に道の駅がありますので、休憩ポイントにちょうどいいですよ。




3分の2の行程を走り終え、小腹が空いてきたので、
序盤に買っておいたローストチキンを食べました。
ボリュームがあってとても美味しかったです!




デザートはデコポンソフト。
甘すぎず、口がさっぱりしました!



おやつを食べてたっぷりと休憩できたので、
そろそろ生口島に帰りますかね。




来た橋を戻って、生口島へ戻ります。




残り3分の1。
生口島の西側から北側へ向かい走りました。




そして、終点である沢港の方向に向かい、




あっという間に港に到着しました。
本日はここでストップサイクリングとなります。




さよなら〜 生口島〜。
また来るからな〜!




しまなみ海道は、尾道ー今治間を直線的に走るのも楽しいですが、
1つの島を1日かけて周るのも楽しいですよ。




今回も良いサイクリングができました!
しまなみ海道に行った事の無い方は、ぜひチャレンジしてみてください。
良い思い出が作れますよ!




本日の走行距離 35キロくらい。
ぼちぼち走りました。


大谷。
関連する記事